« 110911_秋じゃが&秋どりきぬさや・エンドウの定植(秋冬野菜第二弾!) | トップページ | 110919_はやくももう芽が! »

110917_秋冬野菜第三弾!根菜・葉物編

今日から待ちに待った3連休!先週末には、秋じゃが、ブロッコリーなど着々と秋冬野菜の定植にこぎつけているが、いよいよ根菜・葉物系の登場。

その前に、先週植え付けた野菜達の状況は如何に!

先ず、ジャガイモ君。10本植えたうちの一つは土から目がちょろりとしかでていなかったのだが、先週と比べ伸びていた。確実に成長している証拠だ。当然、他の9本も同様であった。先週1週間は好天が続き、雨は降っていなかったように思うが、それでも成長するとは、ジャガイモ君の成長力は凄い。ただ、それは、当然のことであろう。何せ、種イモにはまだまだ栄養分がたっぷりた残っているはずなのだから・・・。

お次は、秋どりきぬさや・エンドウである。こちらは状況が少し違う。エンドウのほうは、葉っぱの色つやがよく、特に問題なさそうである。一方、きぬさやのほうだが、株下の葉っぱは黄色く萎れ、既に花が咲いている。以前、しげももが通う農園の管理人に聞いたことがあるのだが、なんでも、野菜達は自分の身に危険を感じると、子孫を残そうと時期外れでも花を咲かせ、実をつけようとするらしい。まさに、その状況かと思っていたところ、ちょうど、管理人が現れた。そこで、その話をしてみると、確かにそうかもしれないが、もう少し様子を見ようとのことで落ち着いた。夏野菜を植え付けたまなしの頃、ズッキーニやミニトマトの葉っぱの色が悪かったことがあったが、その際は、鶏糞をまくことで緑色の葉っぱに戻った記憶があったので、来週になっても、葉っぱの色が悪いようであれば、鶏糞をまくこととした。それでも、色が良くならない場合は、残念ながらあきらめようと思っている。

さて、本命の茎ブロッコリー(スティックセニョール)とすずなりブロッコリー。寒冷紗をかぶせているので、少なくとも蝶の幼虫の餌食にはなっていないだろうと思っていたところ、いきなり虫食いの跡が!よく見ると、緑色した2センチほどの青虫がじっとしているではないか!恐らく、先週購入したときには既に卵が植え付けられおり、それが孵っていたのだろう。当然その場で補殺である。他の7本には全く虫食いの痕跡はなかったのでとりあえず一安心である。

さて、少し前置きが長くなってしまったが、本日のお話に戻ろう。

前々から植えてみたいと思っていたニンジン。発芽が結構難しいと聞いていたので、狭い面積しか用意できないものの、二袋の種を既に購入済み。

これに加え、マイファームでは恒例の大根にまつわる企画(大きさ、形、重さなどなどのコンテスト)を計画しており、大々的にマイファーマーへ参加を呼び掛けているようである。

そうと聞けば、大根の種を買わないわけにはいかない。そこで、例のごとく、御用達のホームセンターへ真っ先に向かい、種を購入といきたいところだが、色々の品種がありとても悩む。初めてということもあるので、「初心者にも・・・」との記載があれば、それに手を伸ばしてしまうことは当然の流れではなかろうか。ただ、少しは変わり種があってもと思い、もうひとつ別品種の種を購入した。

あと、前のブログでも書いたように、サンチュ(前は、サンチェと書いてしまったが、こちらが正式名称と判明。別名:かき菜ともいう。)は是非とも植えようと思い、その苗を探したのだがなかなか見当たらず、結局種を購入した。蒔き時は外れていないようなのでOK。

残りは、不織布の購入。これは、ニンジン用だ。ニンジンは、種まきから発芽までに1週間から10日ほどかかり、その間、乾燥を防がなければならないそうだ。さらに、発芽後一定期間もそうらしい。そのためには、水やりも必要なのだが、サラリーマンのしげももとしては毎日農園へ通うわけにもいかず、ニンジンの発芽・成長のためには必須のアイテムである。

ニンジンの種も含め、全て筋蒔きを行ったが、ニンジンの個所の大きさに不織布をちぎって、四隅を細い支柱で刺して、かぶせることとした。

管理人と話していると、この時期に植えニンジンは恐らくそんなに大きくはならず、間引き菜程度の大きさでとなってしまう可能性が高いと言われてしまったが、あまり気にはしていなかった。間引き菜程度でも十分楽しめるし、葉っぱにも栄養があると聞いているので根っこばかりを気にしなくてもよいと予め思っていたからである。少し勘ぐりすぎかもしれないが、この時期に種まきして育たなかったとしても、農園のせいではないよと、管理人は言いたかったのだろうか・・・。

ま、それはさておき、先週オクラを倒してほじくり返したところに大根二種、ニンジン用に備えていた少し幅広の畝に、ニンジンを蒔き、加えて、サンチュ、そして、コリアンダー(パクチー)を蒔いた。

Nec_0174toko

大凡、ここまでの作業が終了したのは12時。後は、不織布をかぶせて終わり。

今日(9/17)は、土曜日。例の口うるさい5歳男児はABCの習い事だ。VISOLAまで迎えに行き、お家へ帰ることとした。

ちなみに、本日の収穫は島オクラ5本。相変わらずご立派に育っていた。週末にしか農園へ通えないしげももにとっては、本当に助かる品種である。来年もオクラを植えるとすれば、丸さやは必須だね。

Nec_0175toko

« 110911_秋じゃが&秋どりきぬさや・エンドウの定植(秋冬野菜第二弾!) | トップページ | 110919_はやくももう芽が! »

農園」カテゴリの記事