« 120205_久しぶりの登場!_堆肥作りのイベントに参加(前編) | トップページ | 120320_いよいよ畑活動再開! »

120205_久しぶりの登場!_堆肥作りのイベントに参加(後編)

さて、前編を書き込んでから1ヶ月半が過ぎてしまった。年度末に差し掛かると何かと忙しくなる部署に所属していることもあり、定期的なブログの更新は難しいと痛感している次第である。

それはさておき、堆肥作りについてであるが、至って簡単のようである。というか、簡単にして見せているのだろうか。

ビニール袋に入った「落ち葉を囲いの中へ、続いて米ぬか、水」の順を繰り返し、合間に足で踏み体積を小さくする。これを小一時間程度だろうか。これだけである。

囲いは、管理人が予めこしらえていたようで、2メートル四方で高さが1メートル、けい4立方メートルくらいだろうか。堆肥を作るには微生物の活躍なくして出来上がることはない。そのためには、微生物が窒息しないように空気の通り道をつくってやる必要があるとのこと。で、下には竹が2本。ひびをわざと入れることで空気を入れ込むためであるとのこと。また、4本の竹が囲いの中に縦にも立ててあった。これも同じ理由である。

さて、現在3月20日の春分。どの程度まで熟成してきているのか、聞いてみたいところである。

« 120205_久しぶりの登場!_堆肥作りのイベントに参加(前編) | トップページ | 120320_いよいよ畑活動再開! »