« 120205_久しぶりの登場!_堆肥作りのイベントに参加(後編) | トップページ | 120401_平成24年度初日の収穫! »

120320_いよいよ畑活動再開!

年が明けてまともに農園での活動をしていなかったしげももであるが、もうそろそろ再開しないと農園の友達から忘れ去られるかもしれないので意を決して今日は出向くことにした。

と、その前に本日は春分の日、盆暮れ正月にはしげもも家は必ず墓参りへ行っているので、朝食後は墓参りへ・・・。最近、仕事が忙しく週末はどうしても起きるのが遅かったが、今日はいつもと違い早めの起床だったので9時半すぎに目的地へ着いた。

その足で、農園へ向かった。10時半には現地へ着いた。久しぶりにじっくりと自分の畑を見た。秋まきのサンチュ、ホウレンソウなど、軒並み夜盗虫にやられたせいか成長が全く見られない。残念だが、今日でおしまい。全て処分し耕すことに。

耕し始めて早速夜盗虫発見!さらに、さなぎ、かなぶんの幼虫などでてくるでてくる。無農薬農園ということもありいたしかたないのだが何とかならないものかとちょっぴり思ってしまう。

それはさておき、順調に耕し始めたころ、農園の管理人・寒吉先生が登場。農園には管理人のスケジュールがボードに書いてあるのだが確か今日は空欄。ラッキー!

というのも、今日はジャガイモの植付け用に畝を耕す予定だったので話を聞ける。しげももの予定として、今日は畝づくりまでを計画していたのだが、その話をすると、もう3月下旬なので今日植えてもよいとのこと。植え付けを3月終わりに考えていたので10日ほど早まることとなった。堆肥も加えて耕したので、畝になじむまで少し間を空けるのが常道なのだが。さて、本日は大安なり。この選択が吉とでるか凶とでるか。その結果は4カ月後にでることとなる。

ちなみに、本日植えたジャガイモは、「キタアカリ」と「とうや」1個30円で農園が用意してくれていたので11個購入した。この写真は、種イモを入れる前のアナポコである。

Dsc_0201

何週間後か定かではないものの、地上に芽が出てくるのを待っているのが、ファーマーのしげももとしては、これまたわくわくドキドキなのである。

ところで、秋まきの水菜は、収穫時期に入った昨年10月中旬から11月頃、青虫とアブラムシに食い荒らされ、全く収穫できずにいた。冬の間、どうにでもなれという感覚でいたのもあり、引き抜くことはせずそのままほったらかしの状態にしていると、見事にきれいな葉っぱに入れ替わっていた。恐らく、冬の間に地上にいた害虫は全滅したのだろう。その結果、今頃になって大量の水菜が収穫できるようになった。これは正直うれしかった。

Dsc_0204

この写真は、本日の収穫後、しげもも家でしげももが水洗いしたものである。夕食時には、ルクエ?に入れてレンジでチン!ポン酢をかけてひたすら食べまくった。ほろ苦さもあるが何んとも歯ごたえのよいシャキシャキ感。絶品であった。これがあるからこそ、農園生活はたまらん!勿論、来週も収穫の予定である。が、既に花芽ができつつあったので、恐らく今月中が収穫最終期なのだろう。

さて、これからはジャガイモの成長を見守りつつ、夏野菜に向けた準備をぼちぼちと始めなければならない。口うるさい5歳男児には、あれやこれやと植えてほしいものがあるらしい。どこまで彼の意見を取り入れるかは、ちみの普段の態度次第であることを教え込んでいこうかと思っている次第である。

« 120205_久しぶりの登場!_堆肥作りのイベントに参加(後編) | トップページ | 120401_平成24年度初日の収穫! »

農園」カテゴリの記事